読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

systemd-run によるリソース制御

systemd というと unit ファイルを書いてデーモンを起動して、というイメージが強いかもしれないけど、systemd-run を使うと単発のコマンドを systemd の管理下で実行できる。 こうすることで、CPUQuota=50% とか MemoryLimit=10M とか BlockIOWeight=10 のようにリソースを制限でき、しかも実行中に変更することもできる。

たとえば http://hb.matsumoto-r.jp/entry/2015/12/02/133448 にあるような CPU 使用率を制限しながら yes を実行する例だと、

% sudo systemd-run --scope --uid=eagletmt -p CPUQuota=10% yes > /dev/null
Running scope as unit run-rcab5dc0a5f8e4620a996d95d40f7c95a.scope.

のようになる。ここから

% sudo systemctl set-property --runtime run-rcab5dc0a5f8e4620a996d95d40f7c95a.scope CPUQuota=50%

というように動的にリソース制限を変更できる。 systemd のすべてのディレクティブを systemd-run に指定できるわけではないが、リソース制御関連のディレクティブは対応している。

この例では --scope を使ったので出力はそのままになっているけど、--scope をつけなければ service unit として実行されるので、コマンドの出力は通常の service unit と同様にデフォルトでは journald に送られる。

参考