読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ArchLinux のリポジトリを akabei で楽に管理する

Arch のパッケージのリポジトリを作る 発展編 - eagletmt's blog で書いた内容を自動化するために akabei を作った。 さらに S3 の Static Website Hosting を利用する機能も実装して、実際に http://arch.wanko.cc/ を運用してみている。

基本機能

build サブコマンド

akabei build foo --repo-dir repo/x86_64 --repo-name bar --arch x86_64 で、foo/PKGBUILD をもとに repo/x86_64 以下に x86_64 向けのパッケージと、bar リポジトリABS tarball とデータベースとファイルリストが生成される。

% akabei build foo --repo-dir repo/x86_64 --repo-name bar --arch x86_64
(snip)
% ls repo/x86_64
bar.abs.tar.gz  bar.db  bar.files  foo-1.0.0-1-x86_64.pkg.tar.xz

さらに --repo-key--package-key を指定すると、指定した鍵で署名を行う。署名を行うときは gpg-agent を立ち上げておくと楽。

ビルド時の chroot はデフォルトで毎回最初から作り直す。Arch で破壊的変更があったりすると chroot 環境をメンテするのがめんどくさいので、毎回作り直してもいいと思った。--chroot-dir オプションで既にある chroot を指定して使わせることもできる。

他にも --pacman-config--makepkg-config--logdest--srcdest 等のオプションを指定できて、詳しくは akabei help build を参照。

その他のサブコマンド

また、ABS tarball やデータベースやファイルリストを扱うための abs-addabs-removerepo-addrepo-removefiles-addfiles-remove といったサブコマンドがある。 {repo,files}-{add,remove} は既存の repo-add(8) と同じ機能だけど、余計なファイル出力や symlink が無いのが特徴。

Omakase mode

普通にリポジトリを運用するときに行う操作を自動化した Omakase mode がある。

最初に、akabei omakase init で設定ファイルを生成する。

% akabei omakase init foo --repo-key $GPGKEY --package-key $GPGKEY
      create  .akabei.yml
      create  foo
      create  sources
      create  logs
      create  PKGBUILDs
      create  etc
      create  etc/makepkg.i686.conf
      create  etc/pacman.i686.conf
      create  etc/makepkg.x86_64.conf
      create  etc/pacman.x86_64.conf
Edit etc/makepkg.*.conf and set PACKAGER first!
% echo 'PACKAGER="John Doe <john@doe.com>"' >> etc/makepkg.i686.conf
% echo 'PACKAGER="John Doe <john@doe.com>"' >> etc/makepkg.x86_64.conf

パッケージを追加するときは、PKGBUILDs/$pkgname というディレクトリを作ってその中に PKGBUILD を置き、akabei omakase build $pkgname とする。 するといいかんじに i686/x86_64 用のパッケージが作られ、ABS tarball、データベース、ファイルリストが更新される。 ビルド時にダウンロードしたソースやビルドのログも、それぞれ source ディレクトリと logs ディレクトリに作られる。

% akabei omakase build bar
(snip)
% tree foo
foo
`-- os
    |-- i686
    |   |-- bar-1.0.0-1-i686.pkg.tar.xz
    |   |-- bar-1.0.0-1-i686.pkg.tar.xz.sig
    |   |-- foo.abs.tar.gz
    |   |-- foo.db
    |   |-- foo.db.sig
    |   `-- foo.files
    `-- x86_64
        |-- bar-1.0.0-1-x86_64.pkg.tar.xz
        |-- bar-1.0.0-1-x86_64.pkg.tar.xz.sig
        |-- foo.abs.tar.gz
        |-- foo.db
        |-- foo.db.sig
        `-- foo.files

そして、この foo ディレクトリを Apache なり nginx なりで公開する。

パッケージを更新するときも、PKGBUILD を更新してから同じように akabei omakase build $pkgname とすればいい。 このとき、古いパッケージファイルは消されずに残る。 これは意図的にそうしている (けど、古いパッケージを消すオプションもあってもいいかもしれない)。

パッケージを削除するときは akabei omakase remove $pkgname とする。 ただし、これによって消されるのは ABS tarball、データベース、ファイルリスト内のエントリであり、パッケージファイル自体は消されずに残る。

Omakase mode with S3

これは完全に自分の都合で追加した。 S3 上にリポジトリを作るのは便利で楽だと思っていて、実際に http://arch.wanko.cc/ ではそうしてる。

akabei omakase init --s3 とすると S3 の設定を含む .akabei.yml が生成されて、.akabei.yml に S3 用のアクセスキーを設定すれば、あとは同じように akabei omakase build $pkgname でビルドして公開できる。