読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013年の思い出

わりと色んな出来事や変化のある年だったと思う。

ICPC

1月の頭にコーチからメールが転送されてきて、世界大会へ行けることを知った。嬉しさより驚きのほうが上だった。 コンテストの結果は1問も通せなかったという非常に残念なものだったけど、世界大会は楽しかった。

バイト

1月から初めてのバイトを始めた。 大学でイベントのちょっとした手伝いや TA はやったことあったけど、普通(?)のアルバイトは初めてだった。 TA のときも思ったけど、時間を捧げてるとはいえ、これだけでこれくらいのお金が貰えるのかーというのが最初の感想だった。 技術的な新鮮味はあんまり感じなくて、労働とかお金とかについて考えることが多かった。

自分が自由に使えるお金が増えたことで、金銭感覚も多少変わったと思う。 バイト始めて少し経ってから 2TB の WD Red を一気に4個買ったりしてた。 趣味の品について「これ n 時間の労働と同じ価値か」と換算してしまうとだいたい不当に安く感じてしまってよくないので、この考え方はすぐやめるようにした。

電子書籍

最初にラノベを一冊買ってみて iPhone で読んでみたところ普通に読めることがわかったので、そこから一気に Kindle Store でラノベを買うようになった。 バイトへの行き帰りの電車内で読む習慣がついて、高校生のときと同じかそれ以上によく読むようになった。今数えたら去年一年間で45冊くらいだった。 漫画も電子書籍で買うようになった。漫画は iPhone で読むのは正直辛いけど読めないことはなく、漫画による部屋の圧迫と比較して電子書籍を選ぶようになった。

9月から同人誌を中心に本を裁断してスキャンして電子化し始めた。 最初は裁断に対して抵抗あると思っていたけど、いざ始めてみると極一部の同人誌を除いてガンガン裁断してた。 このおかげでだいぶ部屋の有効スペースを取り戻せた。

インターン

5月からの一ヶ月間インターンしてた。 ここでやったことの1つとして bundle install の並列化があって、先日その変更も含む bundler 1.5.1 がリリースされた。 OSS プロジェクトに適当に貢献することは前から個人でやってたけど、給料をもらってその時間で OSS 活動するのは初めてで気持ち良かった。 ここでもメンターの方からは技術的な話より仕事の進め方等について指摘されることが多かった。 計画とか目標の立て方とか、成果のアピールとか。このへんは今も悩んでる。

アニメ

GJ部アイカツちはやふる2期、あたりが特に最高だった。 あとアニメから入ってプリズマイリヤの漫画を読んだのもよかった。魔法少女いい。

ただ、バイトを始めたせいかアニメを見る時間はだいぶ削られた。 相変わらず録画はしてるけど、消化率は減り続けてると思う。