読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NFS をマウントしたままシャットダウンすると異常に時間がかかる問題

NFS をマウントしたままシャットダウンすると、電源が切れるまでに1分以上かかった。 しかし手動で NFS を umount し (これはすぐ終わる)、シャットダウンすると普通にスムーズにシャットダウンする。

ちょうど同じような症状で悩んでいる人が arch-general にいて、そこで解決しているのを見つけた https://mailman.archlinux.org/pipermail/arch-general/2013-January/032794.html 。 自分の環境でもこの方法で解決した。

原因は NFS を umount する前にネットワーク接続が切れていることだった。 これを解決するには、systemd に NFS にはネットワーク接続が必要であることを伝えればいい。 systemd はブート時に、/usr/lib/systemd/system-generators/systemd-fstab-generator で /etc/fstab から mount unit を生成する。 これは systemctl list-units で見ることができる。 systemctl list-units すると

mnt-nfs.mount       loaded active mounted /mnt/nfs

みたいな行があるので、ここからマウントポイントに対応する mount unit の名前がわかる。 あとは、これがネットワーク接続を必要としていることを設定すればいい。 自分も arch-general で回答している人のように dhcpcd@.service を使っていたので、

# mkdir /etc/systemd/system/mnt-nfs.mount.wants
# ln -s /usr/lib/systemd/system/dhcpcd@.service /etc/systemd/system/mnt-nfs.mount.wants/dhcpcd@eth0.service

とした。