読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

unite-haddock に hoogle の結果を使う source を追加した

以前インストールされているモジュール名を候補とする unite-haddock を書いた が、 それに加えて hoogle がインストールされていれば :Unite hoogle で hoogle の結果を候補として表示できるようにした。 アクションは haddock と同じで、ローカルあるいはリモート (Hackage) のドキュメントをブラウザで開くというもの。

https://github.com/eagletmt/unite-haddock

準備

hoogle が必要。cabal install hoogle でインストールできる。

さらに hoogle のためのデータベースを作る必要がある。 hoogle data で初期化した後、必要に応じて hoogle data $pkgname でデータベースを作って hoogle combine *.hoo で default.hoo を更新していくといいと思う。

使い方

unite.vim のインターフェイスで hoogle による検索結果を見ることができる。

ここから型や関数を選んで、そのドキュメントをブラウザで開くことができる。

:Unite hoogle だけでなく、:UniteWithCursorWord hoogle でカーソル位置にある単語で検索するのも便利かもしれない。

設定

g:unite_source_hoogle_max_candidates に候補として表示する結果の数の最大値を設定できる。 デフォルトでは 200。 これは unite.vim とは独立して (hoogle 側で) 最大値を設定しているため、Unite バッファ上で <Plug>(unite_toggle_max_candidates) を打鍵しても影響が無い点に注意。

また g:unite_source_haddock_browser にドキュメントを見るためのブラウザを設定できる。 多くの環境であれば勝手に適切なコマンドを用いて開いてくれるので設定する必要は無い。 しかし一部の環境では file:///path/to/doc.html#fragment という URI を開く際に /path/to/doc.html#fragment というパスのファイルを開きにいってしまうため、この変数を用意した。 具体的には、awesome のようなマイナーな DE でかつ xdg-open が利用可能なとき、xdg-open がそのような挙動をしてしまう。

他の hoogle を利用しているプラグイン

unite-haskellimportref-hoogle がある。 どちらも ujihisa さんによるもの。

ref-hoogle が機能的に近そうだが、ref-hoogle は単に hoogle での検索結果を表示するだけであり、ドキュメントを開きにいく機能は無い。 あと現状あんまりまともに動いていない気がする……